石川鷹彦が岸部眞明

男性だけにある前立腺という臓器は生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても密に関係していて、前立腺にできてしまったガンも同じように、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの機能によって成長してしまいます。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、本人だけに感じられるというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者だけでなく他の人にも精度の高いマイクロホンを利用したりすると響いてくると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
バイ菌やウィルスなど病気を連れてくる病原微生物、即ち病原体が口から肺に進入して発症してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示している様を「肺炎」と言います。
内臓が脂肪過多になっている肥満があった上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2項目か3項目全てに合致する健康状態を、内臓脂肪症候群と呼んでいるのです。
一見すると「ストレス」というものは、「溜めないようにするもの」「除去すべきもの」ものとされていますが、実の所、我々人間は様々なストレスを体験しているからこそ、生きていくことができます。
体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、身体のなかの脂肪の占めている%のことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量÷体重(キログラム)×100」という計算式で分かります。
自転車事故や建築現場での転落事故など、著しく強い負荷がかかった場合は、複数の位置に骨折が齎されてしまったり、複雑骨折となったり、重症の時は内臓が損傷してしまうこともあるのです。
加齢が原因の耳の聞こえにくさでは段々聴力が低下していきますが、一般的に60歳を超えないと聴力の悪さを確信を持って自認できません。
クモ膜下出血(SAH)とは90%近くが「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管にできる不要なこぶが破裂して脳内出血する事が原因となって起こる死亡率の高い病気として知られています。
ハーバード大学医学部の調査結果によると、毎日2~3杯はノンカフェインのコーヒーを飲めば、あの直腸がんの発症する確率を5割以上も減らせたそうだ。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事が欧米化したことに加えて煙草を飲む事・アルコール・体重過多等の生活習慣の質が低下したこと、ストレス等によって、いま日本人に多く発症している疾患です。
ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のV.C.や脂溶性のトコフェロールなどとは異なって、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる作用があるのです。
板橋区で近所にバレずに自宅を売却したい方必見!資産整理ならリースバック!
春に患者が増える花粉症とは、森の杉や檜、蓬などの大量の花粉が誘因となって、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を示す病気として日本人に定着しています。
ピリドキシンには、あのアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギーの代謝のために必要な回路へ組み込むため、再びクラッキングするのを促進するという作用もあるのです。
高血圧(hypertension)が長く続くと、全身の血管に大きな負担がかかった挙句、全身至る所の色々な血管に障害が巻き起こって、合併症を発症する確率が拡大します。
広告を非表示にする